日本プロ前夜祭を開催

(左から)深堀、近藤を前に意気込みを語る中嶋


地元優勝に期待のかかる沖縄出身の友利勝良、宮里優作、宮里聖志

いよいよ本戦を翌々日に控えた8日、喜瀬カントリークラブに隣接するホテルにて日本プロゴルフ選手権大会前夜祭が行われた。盛大に行われたパーティには、大会関係者、沖縄県内の行政機関、そして招待プロなど多数が参加。選手は決戦を前にそれぞれの意気込みを語った。

ディフェンディングチャンピオンの近藤智弘は、同じ壇上に立った中嶋常幸を前に「中嶋さんと同じ組で回れるので優位に立てるだろう」と、先の中日クラウンズ最終日を同組でまわり、中嶋がスコアに伸び悩む中、6バーディをとった点に触れ、会場を沸かせた。

一方、過去日本プロで3勝を挙げている中嶋は、「一番の敵は深堀」と、隣の近藤を飛ばし、その横の深堀圭一郎を指名する場面も。「沖縄のゴルフ熱と自分を一体化させて4日間楽しみたい」と語った。

また、地元沖縄出身の宮里優作は、「親戚や多くの人が応援にくる。地元の有利さを生かし、是非聖志と優勝争いを演じたい」と初のメジャータイトル獲得に向け兄弟同士による優勝争いに期待を膨らませた。


Copyright(C) 1999-2007 The Professional Golfer's Association of japan.