トーナメントプレーヤーとしてのPGAメンバー入りを目指した資格認定プロテスト最終プロテストが28〜31日の4日間、石川県にある片山津ゴルフ倶楽部にて行われる。今年は5月から始まったプレ予選会から最終ステージまで、述べ約1000名が受験。最終には138名が参加、72ホールを終え上位50位タイまでの選手が合格となる。大きなプレッシャー、そして厳しい残暑との戦いが、チャンピオンコースの白山コースでいよいよ明日より始まる。

最終プロテスト 最終プロテストと書かれた大きな文字が、緊張を呼び込む【拡大写真】

10代から50代までの幅広い年齢層の選手には、09年日本アマを制した宇佐美祐樹(23)や今年のJGTOチャレンジ第2戦で優勝の出水田大二郎(19)といった実力を備えた選手も参加する。最終プロテスト合格後、12月の入会セミナーを経た者に対し、プロゴルファーとしてのライセンスがようやく認定される。毎年最終プロテストでは、自然や自己に対する厳しい戦いが繰り広げられる。


片山津のシーサイドコースから、どんな強さを秘めた選手が誕生するのか、注目したい。


出場一覧は こちら>>
 (PDF)



第1ラウンドのスタート表は こちら>>