30日、資格認定プロテスト最終プロテスト第3ラウンドが、片山津ゴルフ倶楽部白山コース(石川)にて行われた。朝方に降った強い雨の影響で、コース整備に時間を要した。コースは日々難易度を増し、緊張感も高まる最終プロテスト。この日も全体のスコアが伸び悩む中で、川村亨(33・グレンオークスCC)が粘りのプレーでトータル3アンダーとしトップに立った。



最終プロテスト 選手はプレーにベストを尽くす【拡大写真】

明け方降った強めの雨の影響で、コース整備の為、1時間遅れてのスタートとなった3日目。コースコンディションが毎日変化する中で、個々の素早い状況判断が求められる。この日、スコアを伸ばした選手は1割程度。アンダーパーの選手は全体で4名となった。PGAメンバー入りへの挑戦もあと1日、上位50位タイを目指し最後のホールまで、強い信念、集中力、そしてあきらめない気持ちでのプレーが求められる。

54ホール終了し、232ストローク、126位タイ迄の128名が最終ラウンドに進出した。
そして、最終72ホール終了し、上位50位タイまでの選手がプロテスト合格となり、12月に行われる入会セミナー受講後にPGAトーナメントプレーヤーの資格が認定される。








第3ラウンドの成績は こちら>>


最終ラウンドのスタート表は こちら>>







< 上位者コメント >

最終プロテスト 川村亨【拡大写真】

◆ トップ  川村 亨 ◆ 3アンダー 213(70・73・70)


「前半はバーディーが先行したのですが、後半はコースが難しく、ボギースタートでオーバーパーになってしまいました。初日、二日目は凄く緊張しましたが、今日は何故かリラックスしてプレー出来ました。
最終プロテストは4回目。1番いいスコアがでました。
明日は、上を目指して、気を抜かずメリハリのあるゴルフをしたいです」