合格者


27日(金)、PGA資格認定プロテスト・最終プロテストの最終Rが片山津ゴルフ倶楽部・白山コース(石川)にて行われ、295トローク(+7)までの44位タイ、53名が合格しました。

トップ合格は4アンダーの小林伸太郎選手で、小林選手は来年5月に行われる日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の出場資格を獲得しました。

合格者は12月に入会セミナー受講後に正式にPGA会員として入会することとなりますが、入会に先んじて、10月20日から鬼ノ城ゴルフ倶楽部(岡山県)で行われる日本プロゴルフ新人選手権大会でPGAのプロとしてのデビューを飾ります。


◆ 最終成績は こちら >>




小林伸太郎


トップ合格 小林伸太郎(フリー) −4 284(72・67・72・73) ☆2007日本アマ優勝 

「前半 スコアが伸びなかったので、トップ合格できるか不安になりましたが、ホールアウト後、トップ合格を知り興奮しました。
今後はルール・マナーを勉強し、賢いゴルファーになりたいです。
来年の日本プロでは自分の力を十分に発揮し、最高のプレーできるように頑張ります!」









山内寿晃

3位タイ 山内 寿晃(愛宕原GC) +1 289(68・75・72・74)
☆PGAティーチングプロA級資格者 

「現在、ゴルフ場でキャディーマスター業務をしています。
ティーチングプロ資格をA級まで取得したのは、会社の方針もあったのですが、自分自身もアメリカのクラブプロのように、マネジメントが出来るゴルフのプロを目指しているからです。
今回の資格認定プロテストに合格できたのも、講習会で教わった斜面の打ち方、アプローチの考え方が非常に役に立ち、落ち着いてプレーが出来るようになったおかげだと思います。
これからも、ゴルフのプロを目指し、頑張りたいと思います。」




松井会長 PGA松井会長から合格者に祝福の言葉がかけられた
スコア記載エリア スコアカード記載エリアで合格ラインを気にする受験生
小林伸太郎・松井会長 トップ合格した小林選手を祝福するPGA松井会長
小林伸太郎・山口副会長 トップ合格した小林選手を祝福するPGA山口修一副会長・資格認証委員長