2014年08月22日

広島カンツリー倶楽部八本松コースで行われている「PGA資格認定プロテスト最終プロテスト」は22日、最終ラウンドが行われた。トップスタートと同時に雷雲が接近、2時間25分の中断もあったが、72ホールを無事終了。プロテスト合格は、293ストローク、5オーバー47位タイまで56名の選手が合格した。トップ通過は、高田聖斗(23歳・フリー)が通算14アンダーで来年の日本プロ出場権を獲得した。

 ◇ 最終ラウンド成績は こちら>>
 ◇ 大会レポートは こちら>>

2014年08月21日

PGA資格認定プロテスト最終プロテスト」の第3ラウンドが、21日、広島カンツリー倶楽部八本松コースで行われた。連日首位の藤田大(横浜CC)は、2バーディノーボギーとし、粘りのゴルフで首位を譲らずトータル12アンダーでトップ。1打差2位には、岡部大将(大利根CC)が逆転のチャンスを伺う。今日で54ホールが終了し、230ストローク、132位タイ迄の137名が最終ラウンドに進出。最終成績の50位タイまでの選手が、PGAトーナメントプレーヤー会員として認定される。残り18ホールを終え、新人プロゴルファーが誕生する。

 ◇ 第3ラウンド成績は こちら>>
 ◇ 大会レポートは こちら>>

2014年08月20日

広島カンツリー倶楽部八本松コースで行われている「PGA資格認定プロテスト最終プロテスト」の第2ラウンドが、20日行われた。中国地方は低気圧の影響をうけ、風が舞い、選手は思ったようにスコアを伸ばせなかった。そんな中、初日首位の藤田大(横浜CC)は、5バーディ1ボギーの4アンダー、通算10アンダーと圧巻の強さをみせ、首位をキープ。1打差2位には、岡部大将(大利根CC)と、この日66のベストスコアをマークした三木龍馬(フリー)。50位タイまでの合格ラインが決まるまで、あと2日。

 ◇ 第2ラウンド成績は こちら>>
 ◇ 大会レポートは こちら>>

2014年08月19日

PGA資格認定プロテスト最終プロテスト」が19日、広島カンツリー倶楽部八本松コースで、第1ラウンドが行われた。初日首位に立ったのは、1イーグル5バーディ1ボギーの66をマークした藤田大(横浜CC)。1打差2位には、岡部大将(大利根CC)と高田聖斗(フリー)が好スタートを切った。アンダーパーが27名と、厳しい戦いが予想される。

 ◇ 初日成績は こちら>>
 ◇ 大会レポートは こちら>>

2014年08月18日

PGA資格認定プロテスト 最終プロテスト」が、広島カンツリー倶楽部八本松コースで19日から22日の4日間(72ホール)行われます。今年は公益社団法人化に伴い、受験資格をオープン化、プレ予選から延べ約1,000名が挑戦し、最終プロテストには18歳から66歳までの受験者161名が集まりました。最終成績により50位タイまでの者がプロテスト合格となり、12月の入会セミナー受講後に、トーナメントプレーヤー会員に認定されます。

 ◇ 初日組み合わせは こちら>>
 ◇ 前日レポートは こちら>>

Copyright(C) 1999-2014 The Professional Golfer's Association of japan.