2012年10月07日

今季シニアツアー第6戦「第51回日本プロゴルフシニア選手権大会」の最終ラウンドが、7日、東条の森カントリークラブ東条コース(兵庫)にて行われた。昨日までのトップ、室田淳(57)が堅実なプレーで1つスコアを伸ばし、トータル11アンダーで優勝を決めた。プロシニアは3勝目、シニアツアー通算8勝目を挙げた。飯合肇(58)はスコアを伸ばしきれず2打差の2位。

◇ 大会特集ページは こちら>>

2012年10月05日

「第51回日本プロゴルフシニア選手権大会」の第2ラウンドが、5日、東条の森カントリークラブ東条コース(兵庫)にて行われた。上位にはレギュラーツアーでも活躍する選手の顔ぶれがずらり。トップには、この日ベストスコアの67をマークした室田淳(57)。2打差の2位には、飛ばし屋の飯合肇(58)が入る。4アンダーの3位グループには、湯原信光(55)、尾崎健夫(58)、井戸木鴻樹(50)ら強敵6名が後に続く。決勝ラウンドには、5オーバー、149までの54位タイ62名が進出した。

◇ 大会特集ページは こちら>>
◇ 大会スコア速報は こちら>>

2012年10月04日

今季シニアツアー第6戦「第51回日本プロゴルフシニア選手権大会」の第1ラウンドが、4日、東条の森カントリークラブ(兵庫)にて行われた。モンスターコースには北風が1日中吹き、タフなコースコンディションになったが、井上久雄(65)と福沢孝秋(60)の2名が、4アンダー68をマークし首位に立った。1打差の3位には古木譲二(51)、高見和宏(52)、M・ファリー(53)ら5名が並ぶ。現在賞金ランキング1位の尾崎直道(56)は2オーバー74とやや出遅れた。

2012年10月03日

日本最古のシニアメジャーは今年で51回目を迎えます。兵庫県加東市にある東条の森カントリークラブに舞台を移し、最強のシニアプロがこの地で決定します。全長7,237ヤードという設定は、日本シニアツアー史上最長でもあり、タフなコースに選手はどう立ち向かうのでしょうか。今季シニア2勝目を挙げている尾崎直道(56)、最年長出場の青木功(70)をはじめ、中嶋常幸(57)、芹澤信雄(52)、井戸木鴻樹(50)といったレギュラーツアーでも活躍中の選手も加わり、120名の選手が、4日よりプロシニアのタイトルをかけて戦います。

ALBA

BS朝日
・予選ラウンド
10月4日(木)・5日(金)
16:30〜17:25(録画放送)
・決勝ラウンド
10月6日(土)
14:00〜15:25(生放送)
10月7日(日)
14:00〜15:40(生放送)

≪前売りチケット≫
6枚綴り 8,000円 (税込)
・4日間各日共通券4枚
・東条の森CC優待券1枚
・記念品引換券1枚
(大会オリジナルキャップ)
先着2,000名様
≪当日券≫
予選ラウンド:3,000円 (税込)
決勝ラウンド:4,000円 (税込)
※高校生以下無料

Copyright(C) 1999-2011 The Professional Golfer's Association of japan.