2011年10月09日

シニアツアー第6戦「皇潤CUP日本プロゴルフシニア選手権」の最終ラウンドは、単独首位で出たシニアルーキー金鍾徳(50)がこの日も5バーディー、3ボギーの70とスコアを伸ばし、通算13アンダー、275でメジャー初優勝、8月のファンケルに続き、嬉しいシニア2勝目をあげた。また5バーディ、ノーボギーの67をマーク、猛チャージをかけた友利勝良(56)が2位に入った。

2011年10月08日

シニアツアー第6戦、皇潤CUP日本プロシニアの第3ラウンドが8日行われ、前日首位タイの金鍾徳(50)が5バーディー、3ボギーの70とスコアを伸ばし、通算11アンダーで単独首位。同じトップタイで出た三好隆(60)は、5バーディーと2つのダブルボギーなどで72と伸びず、2打差の2位に後退した。シニアルーキーの東聡(50)が4バーディーノーボキーの68、通算7アンダーとし3位タイに急浮上した。

2011年10月07日

日本最古のシニアメジャー、皇潤CUP第50回日本プロシニア選手権の第2日は7日、ジャパンメモリアルGCで行われ、三好隆(60)と韓国のシニアルーキー、金鍾徳(50)が9アンダーとし首位に並んだ。前日アルバトロスを達成した9位スタートの倉本昌弘(56)は16番でトリプルボギーをたたき、25位と順位を下げた。決勝ラウンドへは3オーバー147ストローク、53位タイまでの選手61名が決勝ラウンドに進出した。

2011年10月06日

シニアツアー第6戦、皇潤CUP日本プロシニア選手権の初日は、三好隆(60)が10バーディ、3ボギーの7アンダー65で単独トップに立った。1打差の2位には真板潔(51)がつける。また2010賞金王の倉本昌弘(56)が7番、511ヤードのパー5で自身シニアでは初のアルバトロスを決め、3アンダー9位と好位置につけた。ディフェンディングチャンピオンの加瀬秀樹(51)は1アンダー28位。

2011年10月05日

日本最古のシニアメジャー「皇潤CUP第50回日本プロゴルフシニア選手権大会」が、ジャパンメモリアルGCにて6日(木)より開催される。シニアプロゴルファーのナンバーワンを決める本大会も、ついに50回という記念の節目を迎え、青木功、中嶋常幸、高橋勝成、尾崎健夫、倉本昌弘といったベテランプレーヤーをはじめとした144名の選手が、メジャータイトル獲得という頂点を目指す。

成績速報

BS朝日
10月6日(木)・7日(金)
予選ラウンド(録画)
16:30〜17:25
10月8日(土)
決勝ラウンド(LIVE)
14:00〜15:25
10月9日(日)
決勝ラウンド(LIVE)
14:00〜15:40

前売り券
6枚つづり 8,000円
4日間各日共通券4枚
記念品:大会オリジナルキャップ引換券1枚
プレー優待券1枚
※記念品引換券での交換は、予選ラウンド、各日先着300名様、決勝ラウンド各日先着700名様となります。

当日券
予選ラウンド(木・金)
3,000円
決勝ラウンド(土・日)
4,000円
※高校生(18歳以下)、
70歳以上は入場無料

入場券のお求め/
お問い合わせ先
●ジャパンメモリアル
 ゴルフクラブ
電話:0794−72−1125
http://www.j-memoriaru.com/
●ゴルフパーク
http://golfpark/jp/

Copyright(C) 1999-2011 The Professional Golfer's Association of japan.