2007年09月29日

Cup%20TOP.jpg
PGA Handa CupフィランスロピーシニアトーナメントのFRは、激しい優勝争いの末、前日まで2位の友利勝良(52)が通算12アンダー、204のスコアで05年のアデランスウェルネスオープン以来、シニアツアー2勝目を挙げた。初日から首位を死守し、シニアツアー初優勝がかかっていた渡辺司(50)は、3打差の通算9アンダー、207で2位に終わった。
FR成績表へ>>
大会レポートへ>>

2007年09月26日
PGA Handa Cup フィランスロピーシニアトーナメントが茨城ゴルフ倶楽部西コースで1Rが行われる。国内・海外のビッグネームが揃った今大会には、今年2月にPGA名誉会員となった小林旭(69)がシニアツアーに初出場する。また今大会は、日本シニアツアー史上最高賞金額(総額1億円、優勝賞金2,500万円)の試合で、本年度シニアツアー賞金王争いを左右する大会となり、非常に注目が集まる。

大会前日の注目選手コメントへ>>

2007年09月28日
茨城ゴルフ倶楽部の東コースで28日、障害者ゴルフイベントが開催された。ゴルフの楽しさを伝えることを目的として、プロゴルファーによる誘導のもと、参加者はラウンドレッスンや、スナッグゴルフなどのイベントを体験した。 イベントの最後には、西コースで行われているシニアトーナメントを観戦。出場選手と記念撮影をして、一日の思い出を締めくくった。
続きを読む>>
2007年09月12日

フィランスロピーとはギリシャ語のフィル(愛)とアンソロポス(人類)という2つの言葉を結び合わせた造語であり、”博愛”、”人類愛”、”慈善活動”を意味します。PGAでは、「ゴルフを通じて社会貢献」をテーマに掲げ、このフィランスロピー活動を日本全国で展開しております。
フィランスロピー活動ページへ>>

2007年08月28日

PGA名誉会員の小林旭選手がシニアツアーデビュー

 (社)日本プロゴルフ協会は8月21日(月)都内のホテルで、9月に行われる「PGA Handa Cupフィランスロピーシニアトーナメント」の記者発表を行った。記者発表には大会の特別協賛社である有限責任中間法人国際スポーツ振興協会(ISPS)の半田晴久会長、選手代表としてディフェンディングチャンピオンの尾崎健夫選手、昨年度のシニア賞金王・室田淳選手、そして、2月にPGAの名誉会員となり、この大会でプロとしてのシニアツアーデビューを飾る事となった小林旭選手が出席した。

大会概要

期日:2007年9月27日(木)、28日(金)、29日(土)
会場:茨城ゴルフ倶楽部(西コース)
詳細はこちら >>

Copyright(C) 1999-2007 The Professional Golfer's Association of japan.