2011年09月02日

「皇潤クラシックシニアトーナメント」の第2ラウンドが、2日、北海道ブルックスCCにて行われた。しかし悪天候(降雨)のために競技は一時中断。1時間48分後にプレーが再開され、全組ホールアウトした。この日高松厚(51)が74とするも通算4アンダーで初日からの首位をキープ。1打差の2位には唯一連日のアンダーパーを出した渡辺司(54)、また福沢孝秋(59)がこの日のベストスコア70で回り3位に浮上、最終日最終組の対決に挑む。

2011年09月01日

1日、シニアツアー第3戦「皇潤クラシックシニアトーナメント」第1ラウンドが北海道ブルックスCCにて開催された。初日トップは、7バーディ1ボギーの66と好スタートを切った高松厚(51)。3打差の2位には高橋勝成(61)がつけている。ディフェンディングチャンピオンの湯原信光(54)は1アンダー6位タイ。

2011年08月31日

昨年は、シニア4年目の湯原信光が見事シニア初優勝を飾った。今回は場所を北海道に移し、1日(木)から3日間、北海道ブルックスCCで開催される。E・スニード、川田太三の両名により設計監修されたこのコースは、雄大な自然の中でオーソドックスなゴルフスタイルを感じることができる。湯原が連覇を狙う中で、ベテランとルーキーの熱い戦いが見所となりそうだ。

本大会におきましてはギャラリー施設を用意していないため、観戦につきましてはご遠慮いただております。
尚、本大会の結果につきましてはホームページにてご覧いただきますようお願い申し上げます。

Copyright(C) 1999-2011 The Professional Golfer's Association of japan.