2014年06月29日

最終ラウンドが29日、箱根湖畔ゴルフコース(神奈川)で行われた。朝コースには濃霧が発生したが、その後は青空の下、バーディ合戦が繰り広げられた。大会を制したのは、最終18番ホールでバーディパットを決め、6バーディ1ボギーとスコアを5つ伸ばした加瀬秀樹(54)。加瀬はシニアツアー4年ぶりの嬉しい優勝を飾った。スーパーシニアの部では、中島弘二(68)が首位を守り、6アンダーで念願の優勝となった。
    ◇ 最終成績は こちら>>
     ◇ 大会レポートは こちら>>

2014年06月28日

大会の第2ラウンドが28日、箱根湖畔ゴルフコース(神奈川)で行われた。箱根は朝から冷たい雨が降り続いた。そんな中、首位に立ったのは、8バーディー2ボギーとスコアを6つ伸ばし、通算13アンダーとした中根初男(51)。今季開幕戦で優勝している中根は、この勢いでシニア2勝目を狙う。1打差の12アンダーには、加瀬秀樹(55)。141ストローク3アンダー、49位までの54名が最終ラウンドに進出した。スーパーシニアの部では、中島弘二が3アンダーでトップ。


    ◇ 第2ラウンド成績は こちら>>
     ◇ 大会レポートは こちら>>

2014年06月27日

ISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント」の第1ラウンドが27日、箱根湖畔ゴルフコース(神奈川)で行われた。標高が700メートル以上ある冷涼の地で、バーディ合戦となる熱い戦いが繰り広げられた。トーナメントリーダーに立ったのは、1イーグル8バーディーとスコアを伸ばし続けた白浜育男(55)。1打差の9アンダーには、重信秀人(59)と中西信正(52)。ディフェンディングチャンピオンの東聡(53)は、7アンダーの8位。また、三好隆(62)が4番ホールでホールインワンを決めた。


    ◇ 第1ラウンド成績は こちら>>
     ◇ 大会レポートは こちら>>

2014年06月26日

箱根湖畔ゴルフコースで27日から29日の3日間開催される「ISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント」。大会には、ディフェンディングチャンピオンの東聡、昨年全米プロシニアで優勝した井戸木鴻樹、現在、シニアツアー賞金ランキングトップの奥田靖己や、尾崎健夫、尾崎直道、倉本昌弘、室田淳などといったベテラン選手がそろって出場します。また、昨年プロテストに合格、長年トップアマとして活躍していた田村尚之が、本大会でシニアデビューを飾るなど、たくさんの話題がある試合になりそうです。

◇大会レポートは こちら>>

PGAシニアツアー Facebookページ
PGAシニアツアーオフィシャル携帯サイト

ギャラリーの皆様へ
本大会は、一般入場を無料で行っています。
6月27日(金)・28日(土)・29日(日)
そのため、特にギャラリー席は設けておりません。
プレーの邪魔にならないよう、
各自がマナーを守り観戦エリアで自由にご覧ください。
観戦中の事故、ケガにはお気を付けください。
(応急処置はいたしますが、それ以上の補償ははございませんのでご注意ください)
お弁当・飲み物は販売しておりますが数に限りがございます。
各自ご持参ください。
ペットの持ち込みはご遠慮ください。
盲導犬、介助犬はご入場の際にお申し出ください。

Copyright(C) 1999-2014 The Professional Golfer's Association of japan.