2015年06月06日
日本GG2015

60歳以上のシニアプロ日本一決める戦いの最終日。ゴールドの部は佐藤正一(67歳・フリー)が、2アンダーで優勝。60歳以上のグランドの部では、重信秀人(60歳・フリー)が奥野、金山との接戦を制し、嬉しい優勝を飾った。
◇ゴールドの部 成績は こちら>>
◇グランドの部 成績は こちら>>
◇大会レポートは こちら>>

2015年06月06日
日本GG2015

60歳以上のシニアプロ日本一決める戦いの最終日。ようやく青空が広がり、選手は気持ちを新たにスタートを切った。ゴールドの部は佐藤正一(67歳・フリー)が9ホールを終えて、2アンダーとし首位をキープ。60歳以上のグランドの部では、大屋和茂(60歳・ゴルフプラザ十二神)が1つスコアを伸ばして5アンダーとし2位の奥野光司(63歳・オレンジヒルゴルフセンター)に2打差をつけている(5番ホール終了時)。また、午前10時現在で、3400人のギャラリーが来場し、コース内に用意されているゴルフパートナーのイベントも大盛況。

◇大会レポートは こちら>>
◆ゴルフパートナー大会ページは こちら>>

2015年06月05日
日本GG2015 400人超のギャラリーがついた尾崎・飯合・倉本・友利の注目組

ゴルフ界のレジェンド達によるシニアプロの戦いが始まった。大会初日はぐっと気温も下がり、昼頃には雨も降ってくる厳しいコンディションでの戦いになったが、ゴールドの部では、佐藤正一(67歳・フリー)が4バーディ1ボギーの3アンダーで単独首位。60歳以上のグランドの部では、4アンダーをマークした大屋和茂(60歳・ゴルフプラザ十二神)がトップ。2801名のギャラリーが来場し、コース内に用意されているゴルフパートナーの各種イベントでは賑わいをみせていた。

◆ゴルフパートナー大会ページは こちら>>
◇大会レポートは こちら>>

2015年06月04日
日本GG2015 ディフェンディングチャンピオンの飯合(左)と2012グランド優勝の三好も練習に精がでます

60歳以上のシニアプロの戦いが明日5日からはじまります。ゴルフ界のレジェンド達のまさに「極みのゴルフ」。今年は上田治氏の設計で、ダイナミックな戦略性に富んだ兵庫県のよみうりカントリークラブでの開催となります。今年60歳を迎えるPGA会長倉本昌弘も、グランドの部に参戦が決定。68歳以上のゴールドの部では、矢部昭、小林富士夫、長谷川勝治といったベテラン選手が集結します。大会前日は、かつて日本シリーズで戦った頃を思い出しながら練習をする選手たちの笑顔がみられました。

◆ゴルフパートナー大会ページは こちら>>
◇大会前日レポートは こちら>>

PGAシニアツアー Facebookページ
グリーンリボンキャンペーン
Copyright(C) 1999-2015 The Professional Golfer's Association of japan.