2013年11月09日

富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の最終ラウンドが千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンにて9日開催された。
最終ホールまで勝負の行方が分からない大接戦の末、最終ホールでバーディーを奪った奥田靖己(53)が、シニア入り4年目にして嬉しいシニアツアー初優勝を飾った。
また、青木功(71)がこの日も71ストロークで回り、日本シニアツアー史上初の1大会で2度目のエージシュートを達成した。

◆大会レポートは こちら>>

2013年11月08日

富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の第2ラウンドがザ・カントリークラブ・ジャパンにて8日開催された。前日の日没サスペンデッドによる第1ラウンドの残りも同時に行われた。この日首位に立ったのは4バーディ1ボギーの3アンダーと確実にスコアを伸ばして8アンダー、念願のシニア初優勝へ向け一歩リードした奥田靖己(53)。2打差の2位には、2011年大会のチャンピオン芹澤信雄(53)が4バーディノーボギーとし、2度目の優勝を狙う。富士フイルム契約プロの青木功(71)は、スコアを2つ落とし、1オーバー24位。

◆大会レポートは こちら>>

2013年11月07日

今季シニアツアー第11戦「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」が7日から開幕した。ザ・カントリークラブ・ジャパンにて第1ラウンドが行われたが、午前中は降雨によるコースコンディション不良のため、2時間20分競技が中断、残り選手24名がホールアウトできずに、日没サスペンデッドが決定した。暫定首位に立ったのは5アンダーで奥田靖己(53)。賞金王に王手をかけている室田淳(58)は、2アンダー6位と好発進。大会ホストプロの青木功(71)が71ストロークで回り、エージシュートを達成している。

◆大会レポートは こちら>>

2013年11月06日

今年で6回目を迎える、シニアツアー第11戦目「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」。7から9日の3日間、千葉県木更津市にあるザ・カントリークラブ・ジャパンにて開催します。富士フイルム契約プロの青木功をはじめ、昨年賞金王の尾崎直道、ディフェンディングチャンピオンの井戸木鴻樹、現在賞金ランキング1位を快走する室田淳をはじめとする豪華シニア選手69名が集まります。大会前日となる6日、コースで記者会見が行われました。

◇記者会見の模様は こちら>>

ALBA
大会オフィシャルページ
<大会オフィシャルページ>
大会オフィシャルページ
PGAシニアツアー Facebookページ
GOLF PARK

テレビ東京系列6局ネット
11月9日(土)16:00〜17:15

Copyright(C) 1999-2013 The Professional Golfer's Association of japan.