2013年08月18日

8月18日、2013年度PGAシニアツアー第6戦「ファンケルクラシック」の最終ラウンドが裾野カンツリー倶楽部(静岡県)で行われ、通算8アンダーで羽川豊選手と井戸木鴻樹選手が並び、プレーオフの結果、1ホール目でバーディを取った羽川選手がシニアツアー2勝目を飾った。
1打差の3位には尾崎直道(57)とグレゴリー・マイヤー(51=米国)が入った。
出場選手の中の60歳以上で争う「グランドシニア賞」(賞金300万円)は17位に入った福沢孝秋(60)が獲得した。

2013年08月17日

8月17日、2013年度PGAシニアツアー第6戦「ファンケルクラシック」の第2ラウンドが裾野カンツリー倶楽部(静岡県)で行われ、2011年大会の優勝者、金鍾徳(52)とグレゴリー・マイヤー(51)の2人が通算7アンダーでトップに並んだ。
1打差の6アンダーでブーンチュ・ルアンキット(57)が続き、5アンダーでシニアルーキーの比嘉勉(50)、加瀬秀樹(53)、渡辺司(56)が追う展開となっている。

2013年08月16日

8月16日、2013年度PGAシニアツアー第6戦「ファンケルクラシック」の第1ラウンドが裾野カンツリー倶楽部(静岡県)で行われ、ブーンチュ・ルアンキット(57=タイ)が6アンダー66で第1ラウンドの首位に立った。渡辺司(56)がボギーなしの5バーディーで67をマークし、グレゴリー・マイヤー(51=米国)とともに1打差2位につけた。4アンダーで川瀬順次(52)と川上典一(58)が4位に並び、3アンダーで加瀬秀樹(53)と東聡(52)が6位。英国、米国の転戦から帰国した井戸木鴻樹(51)は1アンダーで、昨年の賞金王尾崎直道(57)らとともに15位発進となった。

2013年08月15日

2013年度PGAシニアツアー第6戦「ファンケルクラシック」が8月16日(金)〜18日(日)に静岡県の裾野カンツリー倶楽部で開催される。
本大会にはディフェンディングチャンピオンの見和宏(53)をはじめ、現在賞金ランキングトップの室田淳(57)、昨年の賞金王尾崎直道(57)、5月の全米プロシニアで日本人初の米シニアメジャー優勝を飾った井戸木鴻樹(51)らシニアのトップ選手が数多く出場している。

ALBA
GOLF PARK
GOLF PARK

≪前売り券≫
3,000円(3枚ツヅリ)
≪当日券≫
16日(金)1,000円
17日(土)/18日(日)
2,000円
※高校生以下、70歳以上は入場無料

テレビ東京系全国6局ネット
8月17日(土)
16:00〜17:15(予定)
8月18日(日)
16:00〜17:15(予定)
※BSジャパンでも放映予定

Copyright(C) 1999-2013 The Professional Golfer's Association of japan.