2007年09月08日

ビックライザックシニアオープン仙台のFRは、米シニア・チャンピオンズツアーから帰国して参戦した倉本昌弘(51)が、初日からのトップを守りきり、日米を通じてシニア初優勝を飾った。倉本の優勝は、日本でのレギュラーツアー03年9月のアコムインターナショナルで初日「59」の日本最少スコアを出して優勝して以来、4年ぶり。
FR 成績表へ>>
FR 大会レポートへ>>

2007年09月07日

7日に予定していたビックライザックシニアオープン仙台の2Rは、台風の影響により競技中止となった。そのため、8日に行われる最終Rは36ホールをプレーしトータル54ホールのストロークプレーとなることが発表された。
最終日組み合わせへ>>

1R成績へ>>
大会レポートへ>>

2007年09月06日
PGAシニアツアーの第3戦「ビックライザックシニアオープン仙台」の初日は、米・チャンピオンズツアーから一時帰国している倉本昌弘(51)、D・イシイ(52)、文山義夫(57)、金山和雄(54)の4人が2アンダー70で首位に立った。

1R成績表へ>>

大会レポートへ>>

2007年08月27日

昨年までPGAフィランスロピートーナメントに協賛し開催コースであった仙台のビッグライザックカントリー倶楽部が、主催者として新たなシニアツアーを開催します。この大会は、距離計測器の使用を許可する世界初のトーナメント。距離計測器を使うことで正確な距離情報を得た選手たちが、どのようなショットを打つのか。初の試みに注目が集まります。

大会概要

期日:2007年9月6日(木)、7日(金)、8日(土)
会場:ビックライザックカントリー倶楽部
詳細はこちら >>

入場券

[当日入場券]
各日1,000円(税込)
1ドリンク付き

テレビ放映

東北放送9月17日(月・祝)予定

Copyright(C) 1999-2007 The Professional Golfer's Association of japan.