The PGA Club
PGAクラブのご案内
コンペ情報
トラベル
コンペ成績
PGA認定スクール
PGA協力コース
トーナメントご招待
トーナメントご招待
プロゴルフトーナメントご招待プレゼント
トップ杯東海クラシック
抽選 ※30名様にプレゼント(大会初日の2週間前に抽選。当選された方に発送を行う予定です。)
開催日程:2017年09月28日〜2017年10月01日
開催会場:三好CC・西C(愛知)
賞金総額:11000万円

 最終日、首位と2打差の3位でスタートした片岡大育が、6バーディー、ノーボギーのベストスコア66で回り、通算16アンダーで逆転勝利を手中にした昨年の大会。一昨年5月の関西オープン以来となる通算2勝目となりましたが、「姉さん」と片岡が慕う20歳年上の伊能恵子キャディーとのコンビでは初優勝。
 お互いに涙を流して喜びを分かち合う姿が、まるで姉弟のように印象的でした。今年のトップ杯東海クラシックでも記憶に残る名勝負が展開されることでしょう。

応募する




YUKO GROUP PRESENTS 第3回セヴンヒルズカップKBCシニアオープン
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年09月30日〜2017年10月01日
開催会場:福岡セヴンヒルズGC(佐賀)
賞金総額:2800万円

 最終日、首位と2打差6位から出た真板潔が67で回り通算9アンダーとして逆転優勝を飾った昨年のKBCシニアオープン。那須霞ヶ城シニアオープン、広島シニアゴルフに続く、昨季3勝目を手中にしました。2位タイには単独首位でスタートし、惜しくも初優勝に一歩及ばなかった米山剛をはじめ、尾崎直道、白潟英純、渡辺司の4人が並びました。今年もセヴンヒルズゴルフクラブを舞台に、昨年同様の激戦が見られそうです。



第56回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年10月05日〜2017年10月08日
開催会場:サミットGC(茨城)
賞金総額:5000万円

 プラヤド・マークセン(タイ)が異次元のゴルフで初日から首位の完全優勝を果たした昨年大会。
 最終ラウンドは倉本昌弘に6打差、鈴木亨に7打差の最終組でスタート。危なげないゴルフを見せて、通算20アンダーとし、2位バリー・レーン(イングランド)に8打差をつけての余裕の勝利となりました。また、日本シニアオープンとの同一年公式戦2冠を達成しました。
 今年もシニアの栄誉を賭けた熾烈な闘いが展開されます。



スタンレーレディースゴルフトーナメント
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年10月06日〜2017年10月08日
開催会場:東名CC(静岡)
賞金総額:9000万円

 最終日、サスペンデッドとなった第2ラウンドの残りホールを消化し、36ホールの決着となった昨年の大会。通算6アンダーでアンソンジュ、イボミが首位タイに並び、決着はプレーオフへ。1ホール目でアンがバーディーを奪い、昨季2勝目を手中にしました。通算5アンダーの3位に福嶋浩子。2週連続のアマチュア優勝を狙った畑岡奈紗が4位タイに入りました。
 今年のスタンレーレディスでは日本勢の雪辱も見てみたいものです。



第5回トラストグループ佐世保シニアオープンゴルフトーナメント
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年10月14日〜2017年10月15日
開催会場:佐世保CC(長崎)
賞金総額:2500万円

 昨年まで後援競技として開催されていたトラストグループ佐世保シニアオープンゴルフトーナメントが、第5回の今年、賞金総額もアップして、PGAシニア競技として開催されます。
 昨年の大会では、強さを見せつけた室田淳がトータル137で、2位の高松厚を4ストロークリードして優勝の栄冠を手中にしました。3位には白潟英純。今年の大会も前回までと同じく長崎の佐世保CCで開催される佐世保シニア。その新たな幕開けにご期待ください。



ブリヂストンオープン
抽選 ※30名様にプレゼント(大会初日の2週間前に抽選。当選された方に発送を行う予定です。)
開催日程:2017年10月19日〜2017年10月22日
開催会場:袖ヶ浦CC・袖ヶ浦C(千葉)
賞金総額:15000万円

 昨年の大会では、最終日5位から出た小平智が歴史的ともいえる大逆転劇を演じギャラリーを大いに沸かせました。最終日、5バーディー、1ボギーの67で回り、通算14アンダーで昨季初、通算4勝目を挙げましたが、初日、首位と13打差の91位と出遅れた劣勢から猛チャージを続け、なんと「9
0人抜き」を達成。「90人抜き」はツアー史上4番目となる逆転優勝記録となりました。2位は1差の李京勲(韓国)。
 今大会でも予期せぬ大逆転ドラマが見られるかもしれません。

応募する




マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント
抽選 ※30名様にプレゼント(大会初日の2週間前に抽選。当選された方に発送を行う予定です。)
開催日程:2017年10月26日〜2017年10月29日
開催会場:ABC GC(兵庫)
賞金総額:15000万円

 最終日、2位で出た片山晋呉が4バーディー、ノーボギーの68で回り、通算12アンダーで優勝した昨年大会。初優勝を狙った小林伸太郎を1打抑え、ツアー制施行後では歴代5位タイとなる通算30勝を飾りました。43歳273日での30勝という大台到達は、実に歴代4位となる年少記録。昨季は長いプロ生活で最大級のスランプに陥り、7月から5試合中4度の予選落ちとなった片山の見事な復活劇となりました。
 今年で10周年を迎える「マイナビABCチャンピオンシップ」。兵庫の地で今年も熱戦が繰り広げられることでしょう。

応募する




第2回福岡シニアオープンゴルフトーナメント
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年10月28日〜2017年10月29日
開催会場:福岡CC・和白C(福岡)
賞金総額:3500万円

 最終日、7位から出た水巻善典が、6バーディ、1ボギーの67で回り、前日首位との4打差を見事に逆転。通算6アンダーとして、2011年の榊原温泉ゴルフ倶楽部シニア以来となる嬉しいシニア通算2勝目を手中にした昨年の大会。
 1打差の通算5アンダー2位には、賞金ランク2位の崎山武志と前日首位だった高見和宏。さらに1打差で渡辺司と清水洋一が4位タイに入りました。久々にシニアツアーで覚醒した水巻善典の今大会、2連覇にも大いに期待がかかります。



富士フイルムシニアチャンピオンシップ
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年11月02日〜2017年11月04日
開催会場:ザ・CCジャパン(千葉)
賞金総額:7000万円

 強豪プラヤド・マークセンに立ちはだかったのは意外な伏兵でした。最終日、首位と6打差7位タイから出た田村尚之が68をマークし、通算6アンダーでシニアツアー初優勝を見事な逆転勝利。
 49歳でプロに転向した田村は、シニアツアー3年目にして、悲願のプロ初タイトルを獲得。2週前に肋軟骨を骨折し、復帰を目指す中での優勝に「実感がない。本当にうれしい」と感無量でインタビューに答えた田村。今年の富士フイルムシニアでも戦前の予想を覆す意外な展開が見られそうです。



HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP
抽選 ※30名様にプレゼント(大会初日の2週間前に抽選。当選された方に発送を行う予定です。)
開催日程:2017年11月02日〜2017年11月05日
開催会場:PGMGR沖縄(沖縄)
賞金総額:20000万円

この時点で賞金ランク2位の谷原秀人が、通算12アンダーで並んだ賞金ランクトップの池田勇太とのプレーオフを制し、昨季3勝目、通算14勝目を嬉しい大会連覇で飾った昨年大会。最終日、首位から出た谷原は、一時、逆転を許すものの、16番、17番の2連続バーディーで池田に追いつき、プレーオフ2ホール目でバーディーを奪って池田勇太との東北福祉大学、先輩・後輩対決の雌雄を決しました。
 今年の大会も、賞金王争いの行方を握る激烈な闘いになることは間違いなさそうです。

応募する




ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメント
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年11月16日〜2017年11月18日
開催会場:越生GC(埼玉)
賞金総額:5000万円

 ピーター・ファウラーが、最終日11バーディー、ボギーなしの圧巻のラウンドで、通算18アンダーとして、日本シニアツアー初優勝を飾った昨年大会。8アンダー64で回った田村尚之が4打差2位と健闘しました。
 スーパーシニアの部では、異例のホールインワン合戦が展開。5番でホールインワンを達成して66で回った中村忠夫が、17番でホールインワンを達成した佐野修一と3アンダーで並んだものの年齢順の規定で中村が優勝を手中に。今年もシニアの迫力あるプレーが繰り広げられます。



ダンロップフェニックストーナメント
抽選 ※30名様にプレゼント(大会初日の2週間前に抽選。当選された方に発送を行う予定です。)
開催日程:2017年11月16日〜2017年11月19日
開催会場:フェニックスCC(宮崎)
賞金総額:20000万円

 昨年大会では、最終日5打差3位から出た池田勇太が11バーディー、1ボギーという鬼神の如き猛チャージを見せ、大会タイの61で通算20アンダー。しかし、惜しくも首位には1打及ばず2位となり、優勝は通算21アンダーとした日本ツアー初参戦の26歳、ブルックス・ケプカ(米国)が手中にしました。世界ランク21位の強豪ケプカを最後まで追いつめた池田の戦いぶりは見事なもの。
 今大会での池田勇太の雪辱にも大いに期待がかかります。

応募する




カシオワールドオープン
抽選 ※30名様にプレゼント(大会初日の2週間前に抽選。当選された方に発送を行う予定です。)
開催日程:2017年11月23日〜2017年11月26日
開催会場:Kochi黒潮CC(高知)
賞金総額:20000万円

悪天候で最終ラウンドが中止となり、第3日の終了時点で通算13アンダー、単独首位だった賞金ランクトップの池田勇太が、昨季3勝目、通算16勝目を手中にした昨年のカシオワールドオープン。
 賞金ランク2位の谷原秀人は7位にとどまり、2人の差はこの時点で3000万円以上に開き、賞金王争いの決着は最終戦の日本シリーズJTカップに持ち越されました。今年は昨年とは打って変わった青空の下、土佐の地で精鋭たちの戦いが繰り広げられることでしょう。

応募する




いわさき白露シニアゴルフトーナメント
無料 ※会場でPGAクラブカードをご提示ください
開催日程:2017年11月24日〜2017年11月26日
開催会場:いぶすきGC・開門C(鹿児島)
賞金総額:6000万円

 倉本昌弘が、通算15アンダー、2位に7打差をつける圧倒的な強さで、昨季初勝利をツアー最終戦でつかんだ昨年のいわさき白露シニア。通算8アンダーの2位には中嶋常幸、スティーブン・コンラン。通算7アンダー4位に前週優勝のピーター・ファウラーが入りました。雨で2時間中断するという悪天候にも集中力を欠かさなかったシニアたちのプレーも高く称賛されました。
 今年は青空の下でのプレーがきっと見られることでしょう。



ゴルフ日本シリーズJTカップ
抽選 ※30名様にプレゼント(大会初日の2週間前に抽選。当選された方に発送を行う予定です。)
開催日程:2017年11月30日〜2017年12月03日
開催会場:東京よみうりCC(東京)
賞金総額:13000万円

 最終戦までもつれ込んだ賞金王争いは、遂に池田勇太の手中に転がり込みました。最終日2位から出て5バーディー、1ボギーの66と意地を見せ、通算12アンダーで1打差2位となった池田が、プロ10年目で念願であった初の賞金王に輝いた昨年大会。それ以外にも見所は満載。大会初出場の朴相賢(韓国)が、18番で右ラフから8mというチップインバーディーを見事に奪い、劇的な逆転で日本ツアー初優勝を飾りました。今年のゴルフ日本シリーズJTカップでも、最終戦ならではの劇的なドラマが待っているに違いありません

応募する




ページトップ
COPYRIGHT 2006 THE PROFESSIONAL GOLFER'S ASSOCIATION OF JAPAN.