PGAニュース 2006年一般情報
一般情報 海外情報 PGA REPORT
■内閣総理大臣杯・日本プロスポーツ大賞を受賞

文部科学大臣顕彰に石井富士夫元会長
特別賞に中嶋常幸プロ
新人賞に竹谷佳孝プロ、功労賞に杉本英世元副会長が選ばれる


第39回内閣総理大臣杯・日本プロスポーツ大賞の受賞式が、12月21日都内のホテルで行われました。 この賞は、わが国のプロスポーツ界の健全な発展と振興に寄与してきた方々に対してその栄誉を称えるために制定されたもので、1968年(昭和43年)に第1回が行われて以来毎年開催され、大賞受賞者には、国家的表彰として内閣総理大臣杯と賞状が授与されます。
 左から竹谷佳孝プロ、松井会長、石井富士夫元会長  
   
過去ゴルフ界では1987年(昭和62年)に岡本綾子プロ、1996年(平成8年)に尾崎将司プロがそれぞれ大賞を受賞しています。 本年度の大賞にはワールド・ベースボール・クラシックの初代王者に輝いた日本代表が選ばれました。 本年度男子ゴルフ界からは、10月の日本プロゴルフシニア選手権大会に優勝して日本タイトル7冠という前人未到の記録を達成した中嶋常幸プロが特別賞を受賞。 更に日本プロゴルフ新人選手権大会優勝の竹谷佳孝プロが新人賞を、杉本英世元副会長が功労賞をそれぞれ受賞しました。 また、表彰に先だち長年にわたりスポーツ界の振興・発展に尽力された方々に対して文部科学大臣顕彰の表彰が行われ、ゴルフ界からは石井富士夫元会長が受賞しました。
特別賞受賞の中嶋常幸プロ  
  注:功労賞の杉本元副会長は欠席のため写真を掲載しておりません。


一般情報 海外情報 PGA REPORT