競技データ

>
2005年PGAシニアツアー競技出場有資格者(資格別)
 
@ 年度PGAシニアツアー賞金ランキング上位30名は、「翌年1年間シード権」が認められる。
但し、プロの出場人数が51名未満の競技は上位15位までとする。
 

1. 室田  淳

7. 中尾 豊健

13.D.イシイ

19.佐野 修一

25. 中山  徹

2. 中嶋 常幸

8. 友利 勝良

14.野口裕樹夫

20.重信 秀人

26.上野 忠美

3. 高橋 勝成

9. 藤池 昇龍

15.伊藤 正己

21.須藤 聡明

27.柴田  猛

4. 尾崎 健夫

10.B.ルアンキット

16.吉村 金八

22.鈴木 弘一

28.井上 久雄

5. 三好  隆

11.尾崎 直道

17.山本 善隆

23.飯合  肇

29.初見 充宣

6. 海老原清治

12.牧野  裕

18.福沢 孝秋

24.陳  志明

30. 文山 義夫

*但し、日本をホームツアーとする意志のない外国人を除く。

 

 
A 年度末時点の生涯獲得賞金ランキング(国内レギュラーツアー及びシニアツアーの合算)10位以内者(翌年シニア該当者含む)は「翌年1年間シード権」が認められる。(但し、PGA会員とする)
 

1.尾崎 将司

2,678,005,592円

 

6.D.イシイ

825,434,071円

2.中嶋 常幸

1,657,050,130円

 

7.飯合  肇

816,806,257円

3.尾崎 直道

1,527,022,900円

 

8.渡辺  司

783,039,861円

4.青木 功

1,032,198,548円

 

9.尾崎 健夫

776,184,887円

5.倉本 昌弘

994,240,784円

 

10.中村 通

775,669,584円

 
B 日本プロシニア選手権、日本シニアオープン選手権及びPPTシニアの優勝者は「翌年から3年間シード権」が認められる。(但し、2002年迄の日本プロシニア、日本シニアオープン及びPPTシニアの優勝者のシード期間は5年間とする。)
 
1 陳  志明(02日本プロシニア) 2007年迄
2 福沢 孝秋(02日本シニアオープン、04日本プロシニア) 2007年迄
3 海老原清治(02PPT) 2007年迄
4 佐野 修一(04PPTリボーネスト) 2007年迄
5 高橋 勝成(00日本プロシニア、00・03・04日本シニアオープン・03・05PPTビックライザック) 2008年迄
6 室田 淳(05日本プロシニア) 2008年迄
7 中嶋 常幸(05・06日本シニアオープン、06日本プロシニア) 2009度迄
8 尾崎 健夫(06PPT) 2009年迄
 
C 年度PGAシニアツアー賞金ランキング第1位者は「翌年から3年間シード権」が認められる。
 
1 横島 由一(04) 2007年迄
2 三好  隆(05) 2008年迄
3 室田  淳(06) 2009年迄
 
D PGAシニアツアー競技優勝者は「翌週から24ヵ月間シード権」が認められる。 但し、2002年度迄の優勝者は12ヶ月間とする。」
 
1 05オーベルストT 三好 隆 2007. 5.20(20週)迄
2 05アデランス 友利 勝良 2007. 6.11(23週)迄
3 05ファンケルクラシック 三好  隆 2007. 8.20(33週)迄
4 05アルデプロ 三好  隆 2007. 8.27(34週)迄
5 05PPTリボーネスト 高橋 勝成 2007. 9. 3(35週)迄
6 05日本プロシニア 室田  淳 2007. 10. 1(39週)迄
7 05日本シニアオープン 中嶋 常幸 2007. 11. 5(44週)迄
8 05鬼ノ城シニア 飯合  肇 2007. 11.25(47週)迄
9 06アデランス 室田  淳 2008. 6.15(23週)迄
10 06PPTリボーネスト 尾崎 健夫 2008. 8.17(35週)迄
11 06ファンケルクラシック 室田  淳 2008. 8.24(33週)迄
12 06日本プロシニア 中嶋 常幸 2008. 10. 5(39週)迄
13 06日本シニアオープン 中嶋 常幸 2008. 11. 2(43週)迄
14 06鬼ノ城シニア 三好  隆 2008. 11. 9(44週)迄
 
E PGAシニアツアー競技優勝者は「翌年から5年間その競技にシード権」が認められる。 02〜06迄のそのトーナメントの優勝者
 
F 主催者推薦の者。(最大6〜10名)出場できる競技は年間ツアー競技数の30%迄とする。 但し、日本プロ、日本オープンの歴代優勝者は競技数適用外(議事録47例外)
 
G PGAシニアツアー予選会のランキング第1位者は「その年1年間のシード権」が認められる。
 
H レギュラーツアー優勝経験者は「シニア入り後1年間又は翌年度1年間シード権」が認められる。(但し、PGA会員とする)
 

1.牧野  裕

1956. 2.17生

2006. 2.20( 8週)〜

2007. 2.18( 7週)

2.尾崎 直道

1956. 5.18生

2006. 5.22(21週)〜

2007. 5.20(20週)

3.甲斐 俊光

1956. 7.27生

2006. 7.31(31週)〜

2007. 7.29(30週)

4.渡辺  司

1957. 2.16生

2007. 2.19( 8週)〜

2008. 2.24( 7週)

5.湯原 信光

1957. 8.14生

2007. 8.17(33週)〜

2008. 8.17(32週)

6.浜野 治光

1957. 9. 1生

2007. 9. 3(36週)〜

2008. 9. 7(35週)

7.羽川  豊

1957.12. 8生

2008. 1. 1( 0週)〜

2008.12.31(52週)

* レギュラーツアーでの優勝経験者とは、1973年ツアー制施行後、全国レベルでの選手選考基準による競技で優勝した者である。(関東、関西プロの優勝者を含む) 地区オープンに関しては1970年迄の関東、関西オープン優勝者を含む。
本資格に適用外の競技
1)北海道、中部、中四国、九州オープン
2)後援競技でありながら賞金ランキング加算試合とした競技
 
I 実績が顕著な者でシニア委員会が承認した者
 
1 海老原清治 2009迄
2 須貝  昇 2009迄
 
J 年度PGAシニアツアー賞金ランキング上位16位〜30位の者は、「翌年1年間シード権」が認められる
 

16.吉村 金八

19.佐野 修一

22.鈴木 弘一

25. 中山  徹

28.井上 久雄

17.山本 善隆

20.重信 秀人

23.飯合  肇

26.上野 忠美

29.初見 充宣

18.福沢 孝秋

21.須藤 聡明

24.陳  志明

27.柴田  猛

30. 文山 義夫

*但し、日本をホームツアーとする意志のない外国人を除く。

 

 
K 年度末時点の生涯獲得賞金ランキング(国内レギュラーツアー及びシニアツアーの合算)11位〜20位の者(翌年シニア該当者含む)は「翌年1年間シード権」が認められる。(但し、PGA会員とする)
 

11.室田  淳

737,058,801円

 

16.山本 善隆

656,269,357円

12.高橋 勝成

733,717,713円

 

17.金井 清一

624,027,789円

13.杉原 輝雄

706,174,555円

 

18.友利 勝良

619,075,413円

14.湯原 信光

700,488,263円

 

19.謝 敏男

520,461,489円

15.藤木 三郎

664,945,050円

 

20.牧野  裕

484,323,961円

 
L PGAシニアツアー競技の成績上位10位以内者は「翌年その競技にシード権」が認められる。 ’06のそのトーナメントの上位10位以内者
 
M PGAシニアツアー予選会のランキング上位者。
注意 日本シニアオープンは、出場資格をJGA(日本ゴルフ協会)にて決定する為上記資格者(@〜L該当者)が出場できない場合があります