2000年シニアツアー出場資格者

(1) レギュラーツアーの永久シード選手は、
「永久シード権」が認められる。

1.
青木  功
永久
2.
杉原 輝雄
永久
3.
尾崎 将司
永久
   
(2) 日本プロ選手権及び日本オープン選手権の優勝者は
「シニア入り後5年間シード権」が認められる。
(但し、PGA会員とする)


1.
矢部  昭
 '82日本オープン 1946. 6. 1生  2001. 6. 3
(22週)迄
2.
尾崎 将司
 '71・74・89・91・93・96
  日本プロ
 '74・88・89・92・94
 日本オープン
1947. 1.24生  2002. 1.27
( 3週)迄
3.
上原 宏一
 '84日本オープン 1947.11.25生  2002.11.24
(46週)迄

・トーナメントが追加、移動した場合のシード期間は変更となる場合がある。
 
(3) 日本プロシニア選手権、日本シニアオープン選手権及びTPCシニアの優勝者は
「翌年から5年間のシード権」が認められる。
但し、99年度のTPCシニアの優勝者は該当外とする。
又、94年度迄のTPCスターツシニアの優勝者は3年間とする。

 
氏名
 
 
1.
杉原 輝雄
 '95日本プロシニア
2000迄
2.
小林富士夫
 '95TPCスターツ
2000迄
3.
安田 春雄
 '96TPCスターツ
2001迄
4.
中島 弘二
 '96日本プロシニア
2001迄
5.
青木  功
 '95・'96・'97日本シニアオープン
2002迄
6.
寺本 一郎
 '97日本プロシニア
2002迄
7.
小川 清二
 '97TPCスターツ
2002迄
8.
金井 清一
 '98日本プロシニア
2003迄
9.
中山  徹
 '98TPCスターツ
2003迄
10.
G.マ−シュ
 '98・99日本シニアオープン
2004迄
11.
上野 忠美
 '99日本プロシニア
2004迄
   
(4) 年度PGAシニアツアー賞金ランキング第一位者は
「翌年3年間シード権」が認められる。

 
氏名
   
1.
中山  徹
 '97 2000迄
2.
金井 清一
 '98 2001迄
3.
G.マ−シュ
 '99 2002迄
 
(5) 生涯獲得賞金ランキング(レギュラーツアー及びシニアツアーの合算)の
シニア該当者で上位20位以内者(年度末次点)は、
「翌年1年間シード権」が認められる。
(但し、PGA会員とする)


1.
尾崎 将司
2,371,089,562
2.
青木  功
1,019,648,728
3.
中村  通
746,870,386
4.
杉原 輝雄
703,927,270
5.
金井 清一
611,925,168
6.
高橋 勝成
568,326,186
7.
謝  敏男
510,473,526
8.
新井規矩雄
443,438,314
9.
安田 春雄
387,848,429
10.
石井 裕士
325,041,777
11.
内田  繁
308,368,374
12.
長谷川勝治
392,392,883
13.
須貝  昇
275,276,967
14.
海老原清治
273,961,185
15.
草壁 政治
258,167,598
16.
小林富士夫
253,840,178
17.
上野 忠美
238,409,091
18.
鷹巣 南雄
216,056,029
19.
島田 幸作
188,022,149
20.
鈴村  久
186,271,279
   
(6) PGAシニアツアー競技優勝者は、
「翌週から12ヵ月間シード権」が認められる。


1. キャッスルヒル
小林富士夫
2000.4.23(16週)迄
2. 日本プロシニア
上野 忠美
2000.10.8(40週)迄
3. 日本シニアオープン
G.マ−シュ
2000.10.15(41週)迄

(7) PGAシニアツアー競技優勝者は、
「翌年から5年間その競技にシード権」が認められる。

'95〜'99迄のそのトーナメントの優勝者
(8) PGAシニアツアー競技の成績上位15位以内者は
「翌年その競技にシード権」が認められる。
(TPCシニアは、95年該当者より適用)

'99のそのトーナメント上位15位以内者
(9) レギュラーツアー優勝経験者は、
「シニア入り後、1年間シード権」が認められる。

1.
海老原清治
1949. 4. 2生 99. 4. 5(14週)〜2000. 4. 2(13週)迄
2.
近藤  守
1949. 5. 9生 99. 5. 10(19週)〜2000. 5. 7(18週)迄
3.
S.ジン
1949. 6. 2生 99. 6. 7(23週)〜2000. 6. 4(22週)迄
4.
岩下 吉久
1949. 6. 13生 99. 6. 14(24週)〜2000. 6. 11(23週)迄
5.
川俣  茂
1949. 8. 22生 99. 8. 23(34週)〜2000. 8. 20(33週)迄
6.
須貝  昇
1949. 10. 16生 99. 10. 18(42週)〜2000. 10. 13(41週)迄
7.
青木 基正
1950. 5. 18生 2000. 5. 22(21週)〜2001. 5. 20(20週)迄
8.
高橋 勝成
1950. 8. 5生 2000. 8. 14(33週)〜2001. 8. 12(32週)迄
9.
中村  通
1950. 11. 27生 2000. 12. 4(49週)〜2001. 12. 2(48週)迄

レギュラーツアーでの優勝経験者とは、
1973年ツアー制施行後、全国レベルでの選手選考基準による競技で
優勝したものである。(関東、関西プロの優勝者を含む)
地区オープンに関しては、1970年迄の関東、関西オープンの優勝者を含む。

[本資格に適用外の競技]
  1. 北海道、中部、中四国、九州オープン
  2. 後援競技でありながら賞金ランキング加算試合とした競技
 
(10) 実績が顕著な者でシニア委員会が承認したもの。
  1. 冨田三十士
 
(11) PGAシニアツアー予選会のランキング上位者。
 
(12) 主催者推薦の者。(最大6〜10名)
出場できる競技は年間ツアー競技数の30%迄とする。

但し日本プロ、日本オープンの歴代優勝者は競技数適用外
 

個人別保持資格表へ