2017年02月20日

日本プロゴルフ協会の九州地区理事を務めておられました藤池昇龍氏(63・ふじいけのぼる)が、19日(日)9時24分に、福岡県飯塚市内の自宅でご逝去されました。藤池理事は、長い間、九州地区のゴルフ活性化のためにご尽力されていた傍ら、2003年の日本プロシニアでシニア初優勝を飾り、シニアツアーでは屈指の飛ばし屋としても有名でした。慎んでお悔やみを申し上げます。

2017年02月08日

日本プロゴルフ殿堂は8日、都内で記者会見を開き、「第5回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者」を発表した。今回からは表彰基準も新たに見直され、選ばれたのはレジェンド部門から陳清水、河野高明、清元登子の3名、プレーヤー部門からは島田幸作、村上隆、涂阿玉の3名で、計6名が決定。顕彰セレモニーは、3月24日に開催されるジャパンゴルフフェア会場(パシフィコ横浜)にて執り行われる。

2017年02月06日

日本ゴルフ協会(JGA)が主催するナショナルオープンは、毎年、プロだけでなくアマチュアも含めたすべてのゴルファーのための競技として、全国各地で予選会を開催しています。


2015年に創始したすべてのゴルファーのための競技「ドリームステージ」へ参加して、競技ゴルフの楽しさと素晴らしさを味わってみませんか。


アマチュアJGA/USGAハンディキャップインデックスを取得していれば、その最初の段階の予選会「ドリームステージ」に参加できる機会を提供しています。


友人同士で気軽に参加することが出来る「ドリームステージ」は、男子、女子、シニアの各オープン合計15会場で開催。エリアを代表するコースでプレーを楽しめます。ドリームステージ通過者は、その後の地区予選に出場することが可能です。


2月6日(月)から、ドリームステージのエントリー開始です!ナショナルオープン出場を目指して!


日本シニアオープン
3月27日(月)  古賀ゴルフ・クラブ
4月 3日(月)  千葉カントリークラブ 野田コース
4月13日(木)  ABCゴルフ倶楽部
4月15日(土)  仙台カントリー倶楽部
4月17日(月)  鷹之台カンツリー倶楽部


日本オープン
3月27日(月)  古賀ゴルフ・クラブ
3月31日(金)  狭山ゴルフ・クラブ
4月 1日(土)  平川カントリークラブ
4月15日(土)  仙台カントリー倶楽部
4月20日(木)  武蔵カントリークラブ 笹井コース
4月24日(月)  鳴尾ゴルフ倶楽部
5月23日(火)  名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース
5月29日(月)  我孫子ゴルフ倶楽部


日本女子オープン
4月 3日(月)  千葉カントリークラブ 野田コース
4月13日(木)  ABCゴルフ倶楽部


※詳しくは ドリームステージのホームページをご覧ください >>

2017年02月01日

公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)、公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会、一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)は、2017年シーズンより予備グリーンの規則上の取り扱いを統一することに合意いたしました。


予備グリーンは、日本の慣習やコース管理などの理由により様々な経緯、意見があることによりその扱いが異なる場合があり、結果としてプレーヤーを混乱させることがしばしばありました。上記の4団体は、その弊害を取り除くこと、そして世界共通である規則本来の扱いとすることを目的に協議をし、各団体の主催競技等においては原則として予備グリーンは規則的「目的外のパッティンググリーン」として扱うことにいたしましたので、お知らせいたします。


◆取り扱いに関する詳細は こちら>>(PDF)

2017年01月24日

公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)では本年1月より、経営戦略委員会の活動内容を広くみなさまにお知らせするため、「経営戦略委員会だより」の配信を開始します。

2017年01月18日

ゴルフ17団体が合同で開催しているゴルフ新年会が、18日、都内のホテルで行なわれた。約650人が参加した新年会では、17団体を代表して、公益財団法人日本ゴルフ協会の竹田恆正会長より挨拶が述べられた。新年会に先立って行なわれた新春特別企画のトークショーでは、鈴木大地スポーツ庁長官より「スポーツの未来開拓」というタイトルで新春特別企画の講演会も開かれた。

2017年01月17日

公益社団法人日本プロゴルフ協会は17日、WTCコンファレンスセンター(東京都港区)で記者会見を開き、2017年度のPGA競技日程の発表を行った。シニアツアー競技は前年度から3試合増、2試合減で1つ増える計18試合となり、賞金は6800万円増加で、総額は8億7500万円。この総額はシニアツアー制度施行以降、歴代2番目となる賞金額を示す数字となった。

2017年01月01日

 新年、明けましておめでとうございます。会員の皆様には、今年も良い年でありますよう心からお祈りをいたします。

 皆様から会長の職を預けていただき今年で4年目に入りました。これまでの活動に対するご理解とご協力に感謝するとともに、今後の取り組みについてもより一層注目をしていただきたいと思います。今年は昨年までに定めたプランを着実に進めていく、そのために皆様に確実に情報をお伝えして具現化していく1年になると思います。