ショットは正確に打っていると前提でお話ししますがグリーンの大きさが大きいとグリーンは近く見えます。反対に小さいところは遠くに見えるのが普通の錯覚です。普通の錯覚は自分で把握することが大切です。特に注目するのは小さいグリーンのエッジまでの距離は小さいと遠く見える遠いところは大きく見えます。

アマチュアの場合ピンを見てしまうことが多いかと思いますがバンカーや池など手前に超えなければ行けない障害物があると意識すると自然に遠くに見えます。いろいろなことがあると思いますが先ずは情報収集や景色を見てもわからない場合は距離表示を参考にすることです。打ち上げや打ち降ろしの景色などラウンドの経験や実践の大切さもからも把握することを学びます。 
プレーが上達すれば自然に距離感も見えてきます。クラブ選択でも無理はしない、そして距離を信じて打つこと距離感の錯覚よりもしっかりとした自分の距離を打つことが大切であります。