現在の流れとしてはフェアウエイウッドが大型化しているので抜けが悪いのかもしれません。ライの見極めにも問題はあるかと思います。また、セミラフでも場所によってはくぼんでいるところもありますので打ち難くなっています。クラブの性能を理解することも必要ですが、実際は、その自分のボールがどのような状態あるか芝の長さを考え また、その時にグリップを短く握ることが良いでしょう。しかし、多くのアマチュアはグリップを短く持てる方は決して多いわけではありません。

更にそれで力を入れてスイングをすることから、振れないクラブを持って振れないようにしてスイングをしているので力が入り、当然それは打てる状態ではありません。 うまくラフやセミラフから打つには短いクラブを持つことです。  番手を7Iだと思ったら 8Iに変える方法を考えていけば打てる目安が出来ます。 持ち替えるライの見極めは大切ですが経験も必要になります。