手で握るグリップの力加減が問題になるでしょう。誰でも手を握ればひじが緊張し肩も固くなります。力加減をうまく調整して握れば少しは良い効果はあります。ラウンドしているとついスコアを意識した心理的要因などから 正確なショットをしようとするとミスが出ますがこの点の動きを制限すれば良い感覚になりますが、ここで動きを制限してしまうと腕がうまく触れなくなることが起きます。

上半身も前傾角度も崩れて起き上がりやすくなり ひざも伸びやすくなり プッシュの要因が全て揃っている状態になります。 グリップの力加減としては 左だけ握り締めるだけではなく また、右を楽にすることでもなくお互い均等にグリップ出来る事を確認出来ればショットの確率を上げることになりプッシュも無くなります。 肩に力が入っている場合でも手はリラックスしているとは限りません。 手にも当然力が入っているのです。例えばリラックスをしようと手を下げてぶらぶらとゆすることをされる方が多いと思いますが、その時に手を握っていたら余計に力が入りますが逆にその場合、手首の力を抜くことで 肩にも力が入らないこともあります。  ショットに入る前に大きな深呼吸をすることもリラックス効果がありプッシュが出ない方法の1つでもあります。