この質問は、時間に制約がある方の質問だと思いますが月1回でも可能だと思いますが可能な限りショートコース(9ホール)でも良いのでなるべく回数を増やしどうしてもコースに行けないようであれば芝打席を併設してある練習場でも良い。例えばどうしてもコースに行けない方が練習場での練習にマットで打つ状況と芝で打つ状況では大きな違いがある為 マットでは綺麗に打てても芝で練習された時にダフリしか出ないことも多いし 状況により変化があることも考えられますがもしかしたら原因に足元が沈んでクラブの長さを同じように持っていたことも原因かもしれないのですが  練習場ではその点も気をつけて練習された方が良いと思います。

ではどの様な練習がよいかは 距離表示やカゴのように目標がある練習場が良いと思います。 特に目標が近いところにあるショートゲームベストで、いろいろなアイアンを使って同じ目標に向かって打つことが良いと思います また、通常10球をドライバーでフルショットするところを5球程度でやめて、いろいろなアイアンを使って同じ場所に転がすなどを行った方が良いと思います。
ショートゲームを中心にキャリーとランの差を見極めるだけでもかなりの練習したほうがコースでの使い勝手は良いし、かなりの確率で成功します。