つま先下がりの傾斜では、正しいスイングをした場合スライスすることが多いのですが、例外もいくつかあります。例えば、体重のかかり方が偏っている時やクラブの番手によって差があります。アドレスでは体重を両足かかと寄りにかけてバランスを取っていますから、スイング中保つように意識します。

もし、つま先寄りになってインパクトしてしまうと、アウトサイドイン軌道でクラブフェースが被った状態になり、左方向に飛んでしまいます。クラブのロフト角によっても差がでます。長いクラブ(ロフト角度が小さい)の場合は、フェースが返りにくくスライスになりやすいのですが、短いクラブ(ロフト角度が大きい)は、フェースが返り易くなるのでほとんどスライスすることはほとんど有りません。