スイング中、最初から最後まで同じテンポでリズム良く振る事が良いのは、分かっていても、もっと飛ばそうと思ったら、自分的に、物足りなさを感じて、ついつい、腕や手の力感に頼ってしまい、クイック的な動きが出てしまいます、手や腕に頼らず、ヘッドスピードを向上させるのは、どんな練習をしたら良いでしょうか。


練習のときなどはゆっくりスイングできても、いざ本番というときに力が入るのは仕方ないことです。手・腕にはナイスショットの感触が心地よくいつまでも残るために、もう一度味わいたくなります。それ故、手や腕を使ったスイングをすればいいショットを打てると思ってしまうのでしょうね。

軸を中心に回転する運動であるスイングは、手・腕を使い過ぎるとかえってヘッドのスピードが上がらない場合があります。「飛ばそう」などと考えず、なるべく自然に振れたら良いのですが…。練習方法ですが、使用するクラブより僅かに重いものを振ることをお勧めします。重いと言っても軟式バット程度で充分です。あまり重過ぎると身体に力が入るだけでスピードを出すための練習にはなりません。