クラブは14本ですから、番手ごとにグリップを変えれば14通りの握り方になります。更にスイングを変えたとしたら14通りのスイングを覚えなければなりません。ですから、どのクラブを持ってもスイングは同じだというイメージの方が簡単でしょう。

あなたの現在のスイングは典型的なアウトサイドインの軌道になっていると思われます。アウトサイドインの軌道はスライスが出る一つの要素ですが、絶対的な要素ではありません。ロングアイアンはヘッドが返りにくいのでスライスになり、ヘッドが返り易いショートアイアンではむしろ左へ飛びます。アウトサイドインの軌道になっている人の多くは、上半身だけのスイングになっていますから、下半身(腰)の回転を先行させる意識を強く持つことが必要だと思います。