クラブの違い(アイアンとウッド)によって、ボールの左右の側面を打つ意識を持つことは効果的だと思います。左側を打つ意識でスイングすれば、最低点(地面)より手前でボールを捕らえやすく、フェアウェイからのアイアンショットに役立つでしょう。

また、右側を打つ意識でスイングすれば、最低点を過ぎてヘッドが上がり際のところでボールを捕らえることができるので、ロフト角度が小さいドライバーなどでも、ティーアップした高さ次第では打ちやすくなります。指導者の中には、極端にアイアンはダウンブロー(打ち下ろす)、ドライバーはアッパーブロー(打ち上げる)に打つと表現している場合もいるくらいです。ただし、意識過剰になれば思わぬミスショットに繋がりますので注意が必要です。