アドレスで作られている両肩と両腕でできる三角形をある程度まで保ってバックスイングできれば解消するはずです。バックスイングのとき三角形(両肘の間隔)を保ちながら左腕が地面と平行になる少し手前まで上げるようにします。

トップオブスイングで右肘が外れる人のほとんどは、テークバックを手先だけで引き上げるので、この三角形が崩れる時期が早い場合が多くなっています。肩を回す動きに比べ、手を引き上げる動きが大きくなっているからです。バランスのいいトップオブスイングを作るには、肩の回転と腕の動きが割合よく動く必要があります。スイングするにはバランスが大切ですから、どちらかが動きすぎれば歪みがでてしまいます。