「長いクラブ⇒飛ばすクラブ」という意識があるのか、つい力んで振ってしまいます。この力みは身体のうごきを先行させてしまい、腕の振りをおろそかにさせてしまうようです。
ゴルフはバックスイングで体を捻り、ダウンスイングで捻りを戻す動きでボールを飛ばします。

まず上半身を前傾させ両腕をダラリと下げクラブを持つ格好をして、両肩を揺するように腕を振ってみましょう。次にクラブを持ち、同じ動作を腕・手・クラブの重さを感じながら動かしてみます。そうするとクラブヘッドが体(肩や手)より大きく動いているのが分かるはずです。そうすれば最後にスイング軸(上半身を前傾させ背骨に近いところ)を意識して大きくゆっくり振れば上半身の余分な動きが抑えられます。