ティーチングアワード 仰徳台日友好杯同行【拡大写真】

受賞が決まってからPGAからご依頼を受けた業務活動がいくつかありました。
仰徳台日友好杯同行

日本と台湾のシニア選手による対抗戦を舞台にお互いの国の企業間交流を深め、更に友好と発展をと言う大きな目的と、お互いの国のジュニアゴルファー育成のための寄付を目的とした大会です。
両チームトップシニアプロ20名、トップアマ4名、ティーチングプロ1名、協会会長を始め選手のご家族と協会スタッフの方々という選手団。
私は日本プロゴルフ協会ティーチングプロ代表として同行させて頂き、台湾のトップジュニアのレッスンを担当致しました。ピュアな彼らの眼差しが印象に残ります。あまり多くの情報に振り回されず、自分のゴルフを磨いて欲しいと最後に伝えました。
私の年代では、ご一緒させて頂いた選手の皆様は正に「往年の名プレーヤー」ゴルフ界を長期に渡り牽引して来られたトップスターです。こんな凄い選手の皆様に温かくやさしく接して頂きながら過ごした4日間は本当に夢のようでした。生涯忘れられないご褒美的業務であったと思います。
選手の皆様は「スーパーエンターテイナー」の一言に尽きます。もっともっとシニアトーナメントが盛り上がることを祈っております。
選手の皆様とそのご家族様、協会の皆様方にこの場を借りて御礼申し上げます。







PING G フェス at 六本木ヒルズ レッスンイベント 六本木ヒルズでゴルフレッスンイベント?
PING Japanさんが、Gフェス イベントのために、六本木ヒルズに特設ゴルフレンジを設置したわけです。
その会場にて公開レッスンイベントの機会を頂きました。どなたに話しても「えぇ〜?!」となるような貴重な経験・・・深く思い出として刻まれました。
雑誌にも数々掲載して頂いておりますが、私が直接お会い出来ない日本のどこかのアマチュアゴルファーさんが、私の記事を読んで「パッティング開眼した!」とか「パター好きになった!」とかあれば嬉しいです。 




2%83g%83%8A%83~%83%93%83O%89%C1%8DH_.jpg

現在(2017.1.20)は夕刊フジにてレッスン記事を連載頂いております。それから日本文芸社ゴルフレッスンコミックにて、「哲先生のGolfラボ」という漫画の連載をスタートさせて頂いております。
これからもゴルフ業界の様々な分野の方々、或いは他業種の方々とタッグを組ませて頂きながら、この限り無く奥深い魅力ある 「GOLF」 を出来る限り多くの方々に発信し伝えて行きたいと思っております。