インパクト以降の左サイドのつまり感は身体の回転不足が原因です。インパクトは体の正面でという意識はありませんか。インパクトはアドレスの再現ともいわれます。これはできる限り同じ姿勢に戻すことができれば、ボールと体の間隔やフェースの向きがインパクトでも変わらずに済むので簡単だというイメージの話です。

身体の回転が止まってはボールを打てません。ボールを飛ばすためには身体を回転させながら、素早く腕を振らなければなりません。スイングは1秒ほどで終えてしまいますから、ボールを打つ瞬間だけでなく、インパクト以降も身体は左方向に回転していることを意識してボールを打つことを忘れないで下さい。そうすれば身体の左側がつまることもなくなるでしょう。