練習のときに最適なボール位置を知っておくことが大切です。物差し、またはクラブのシャフトをそれ代わりに使ってもいいでしょう。左右の位置、身体との間隔をしっかり把握しておくことです。この位置を練習場でもコースでもショット毎に測って正しく決められるようにします。

慣れてきたら3ホールに1回、9ホールに1回として最後はラウンド中1回くらいにします。人の間隔は景色やティーグラウンドの向きで惑わされやすいので、いつも確認することが必要です。ほとんどの人がボール位置を決めてから構えに入ろうとしますが、それとは逆に構えの姿勢を作ってから最後にボール位置を合わせても誤差が少なくなると思います。