上げた踵を元の位置に戻すのに、足元の動きを見ながらスイングすることはできませんから、ある程度感覚に頼らなければなりません。最初は踵を上げずに(ベタ足)スイングすることです。まず踵を上げなくても打てるクラブで練習します(アプローチなど小さなスイングでは踵の上がりはほとんどありません)。

続いてショートアイアン、そしてミドルアイアンというように徐々に踵が上がってくるクラブで元に戻す感覚をつかみます。そして最後に大きなスイングでできるようにします。治すときにはできる限りゆっくりスイングして下さい。速ければ反動で大きくずれることになります。しかし身体の柔軟性に欠ける人は捻りが浅くなりますから、更に工夫が必要になるでしょう。