昨年の現職役員の不祥事を踏まえ、PGA会員に不祥事の経緯や公益認定と委員会からの勧告の内容を説明するとともに、の暴力団問題に対する認識の確認とPGAの置かれた立場に対する危機意識の醸成を図るため、本年度、PGAが実施する研修会や競技会などに倉本会長が出向き、出場している会員にと直接ミーティングを行うこととしています。

ミーティング 会員から個別の相談を受ける場面も【拡大写真】

本年度中に約1,500名の会員とミーティングの場を持つことを予定しいますが、その第1回目として、有馬ロイヤルゴルフ倶楽部において行われた研修会で、約100名の会員とミーティングを行いました。
会員全体が危機感を共有するため、今後も会長、役職員との意見交換の場をできるだけ設け、相互の意思疎通を図ってまいります。